キャベツ

キャベツといえば、
やっぱり嬬恋。

嬬恋高原キャベツのヒミツ

49-13 嬬恋村議会議長賞(嬬恋村) (1) (1).jpg

嬬恋村は夏秋キャベツの産地として有名です。夏から秋のキャベツ出荷量が全国1位で、7⽉から10⽉末にかけて約1億5000万個ものキャベツが嬬恋村で作られています。標高が高く、朝と夜の気温差が大きいことで甘くおいしくなり、高原の朝露のおかげで水々しいキャベツができるんです。また、浅間山などの火山に囲まれていて、火山灰を含む排水の良い、栄養豊かな黒い土(黒ボク土)が畑に多く、キャベツに向いています。嬬恋では、一般的なキャベツだけで、約35種類ほど作られているのも大きな特徴です。

初恋

[ 特徴 ]
​■

青春

春風

春空

光彩

419

[ 特徴 ]
​■ 嬬恋村内(もしくは近辺のみ)でしか出回らないため、幻のキャベツと呼ばれる。生食用でとても柔らかい。