トレッキングインフォメーション - 浅間山周辺

噴火のカタチを踏みしめる

天明3年の浅間山大噴火で

北麓から東麓にかけて広がる浅間高原は

当時の面影が随所に残る​、熔岩の原野です。

その中を浅間山の第一外輪山

最高峰の黒斑山から蛇骨岳、仙人岳

そして鋸岳の山頂を縦走し

噴火のカタチを踏みしめることができる

本格登山コースは、雄大な浅間山を

目の前に眺めることができます。

浅間山

連峰登山コース

難易度 ★★★

​歩行時間 約9時間30分

↓100分

↑80分

↓80分

↑60分

 

↓60分

 

↑80分

↓20分

↑15分

↓80分

↑80分

 

↓20分

 

↑20分

↓50分

↑60分

↓100分

↑60分

浅間高原しゃくなげ園

​ハイキングコース

難易度 ★☆☆

歩行時間 約1時間~1時間30分

周辺1周 約1時間~1時間30分

  • 浅間山

    標高2,568メートルを誇る浅間山は

    世界でも有数の活火山として

    知られています。

    雄大な姿とその四季折々の美しさは

    昔から多くの方々に親しまれました。

    高山植物や高山蝶、野生動物など

    浅間山と連なる山々の自然は

    数多くの貴重な動植物を

    育んでいます。

    独立峰であるため、浅間山山頂からの

    展望は素晴らしく

    ​富士山を望む日もあります。

  • 浅間高原​しゃくなげ園

    浅間山の麓に広がる

    約15万株の大輪のシャクナゲと

    浅間高原の大パノラマは

    その規模と可憐さが

    訪れた人々を魅了します。

    シャクナゲの見頃は

    5月中旬から下旬。

    また、レンゲツツジやヤナギラン

    そして秋のカラマツの黄葉など

    ​1年を通して楽しめます。

  • 浅間山​熔岩樹型

    熔岩樹形とは

    火口から噴出した熔岩流が

    山麓に茂っていた森林中の大木を覆い

    そこで冷え固まり

    樹木の幹が朽ちたためにできた

    井戸のような窪みのことです。

    浅間山周辺に500か所現存しており

    ​国の天然記念物に指定されています。

  • 鬼押出し園

    天明3年(1783年)の

    浅間山噴火によって生まれた

    熔岩の芸術。

    噴火の激しさを今に伝える岩塊と

    豊な自然が織りなす

    ​浅間高原随一の景勝地です。

お問い合わせ

〒377-1524  群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原710-136

​一般社団法人 嬬恋村観光協会

E-mail : info@tsumagoi-kankou.jp  |  Tel : 0279-97-3721

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
嬬恋村観光協会バナー.jpg

All rights reserved ®