カルチャー - レジャーガイド

旅先の歴史や文化を知ることは

旅の楽しみの一つ。

豊かな自然とともに歩んできた嬬恋村の

奇勝・史跡・文化財を紹介いたします。

村内各所から出土した土器等から、縄文・弥生時代の暮らしが推察されています。

荘園時代は、三原荘に属し、滋野一族の支配下にありました。

後に戦国時代は、武田氏・真田氏により沼田領となり

江戸時代【天和元年(1681年)】の真田氏改易の後は幕府直轄地となりました。

江戸時代には北国往還の裏街道として交通が開け、大笹には関所もあり

宿場として荷物を運ぶ人馬の往来でにぎわいました。

また、天明3年(1783年)に、浅間山の"浅間焼け"と呼ばれる歴史的な大噴火では

火口からの土石流が鎌原一帯を襲い、旧鎌原住民約750人のうち

鎌原観音堂に駆け上り難を逃れたのは、わずか93人。

残りの人々は土石流の犠牲となりました。

現在の嬬恋村は、明治21年の市町村制の公布により11ヶ村を大字として

翌明治22年に誕生したものです。

お問い合わせ
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
嬬恋村観光協会バナー.jpg

All rights reserved ®