鬼押出し園

鬼押出し園(おにおしだしえん)は、天明3年(1783年)の浅間山の大噴火により生まれた、溶岩の芸術です。火口で鬼があばれて岩を押し出した、という当時の人々の噴火の印象が、この名前の由来となっています。
前のページに戻ります
世界三大奇勝の一つ「鬼押出し園」 google map へ
鬼押出し園と浅間山の写真
岩場原野は、幅2キロメートル、長さ12キロメートルにも及びます。
狛犬岩や親子岩などと名付けられた奇岩の数々をはじめ、当時の噴火の激しさを今に伝える景観は、世界三大奇勝のひとつに数えらています。
浅間高原随一の景観を、ぜひご覧ください。
鬼押出し園の景観写真
冬季休園あり鬼押出し園公式サイトでご確認ください)
営業時間 8時〜17時(季節により営業期間・時間の変更等があります)
入園料 おとな(中学生以上)650円、こども(小学生)450円

交通
上信越自動車道、碓氷・軽井沢IC下車、R146から浅間白根火山ルート経由で30キロメートル

お問合せ先
鬼押出し園 電話番号 0279-86-4141 ホームページへ
前のページに戻ります
嬬恋村観光協会 〒377-1524 群馬県吾妻郡嬬恋村大字鎌原710-136
Copyright(C) 2008 嬬恋村観光協会.