鎌原観音堂

前のページに戻ります

浅間山の噴火と観音堂 google map へ
天明3年(1783年)7月8日、火口より13キロメートルに位置する鎌原村は、浅間山の大爆発による火砕流に襲われ、壊滅してしまいました。当時の村の人口570人程のうち、この災害により、477名もの人命が失われました。しかし、火砕流に気づき、この観音堂にたどり着いた僅か93名のみが奇跡的に助かりました。

観音堂と石段の写真

生死をわけた15段の石段
土石なだれは、高台にあった観音堂の足元まで迫り、当時50段あった石段の15段を残して止まりました。

昭和54年(1979年)の発掘調査の結果、この15段の少し下で女性2名の遺体が発見され、現在も残るこの石段が生死を分けたことから、村人を守った奇跡の地として知られています。

今では、火山火災から命を救った観音堂は、厄除け観音として信仰され、多くの参拝客や観光客でにぎわっています。
地元奉仕のお年寄り達が、訪れる人々にお茶をふるまい、温かく迎えてくださいます。(拝観自由)

東洋のポンペイ
火砕流に村がまるごと飲み込まれ、埋没したことから、鎌原は「東洋のポンペイ」とも呼ばれています。
隣接した嬬恋郷土資料館は、発掘品等を展示し、当時の噴火の様子を紹介しています。

郷土資料館の写真
交通
上信越自動車道→碓氷・軽井沢IC下車、R146から浅間白根火山ルート(鬼押ハイウエー)沿い。

関越自動車道→渋川・伊香保IC下車、R353.R145.R144で浅間白根火山ルート(鬼押ハイウエー)沿い。


お問合せ  鎌原観音堂 電話番号 0279-97-3852
前のページに戻ります
嬬恋村観光協会 〒377-1524 群馬県吾妻郡嬬恋村大字鎌原710-136
電話:0279-97-3721 FAX:0279-97-3720
Copyright(C) 2008 嬬恋村観光協会.